就労証明書

平成31年度就労証明書

記載事項が事実と異なった場合は、入所取り消しとなることがありますので、ご注意ください。

就労証明書の記入者について

就労証明書は、雇用関係が生じている場合は雇用主にご記入いただきます。
また、自営業の場合は、ご本人によるによる記入で構いません。ただし、家族の方が自営されている場合は、個人事業主による記入が必要となります。
また、派遣等の場合は、就労者の勤務状況を把握していれば派遣先・派遣元どちらが記入しても構いません。

”育児休業の取得”または”育児短時間勤務中”の場合

就労証明書(裏面)に記入欄がありますので、ご記入ください。
過去の育児短時間勤務については記入の必要はありません。

単身赴任の場合

就労証明書(裏面)に記入欄がありますので、ご記入ください。
赴任期間の終了日が未定の場合は、未定とご記入ください。

夜勤等の勤務について

夜勤等がある場合は、雇用契約上の就労時間と勤務時間は日勤と夜勤それぞれ裏面の特記事項にご記入ください。

証明書の書き方

保護者記入欄

①就労者の続柄

入所児童からみた続柄。該当部分に○を記入してください。

②児童クラブ名

「児童クラブ入所申込書」の住所による指定クラブ名を記入してください。

③児童氏名(フリガナ)学年

入所児童の名前(フリガナ)と学年を記入してください。

雇用主・事業主記入欄

必要事項への記載をお願いいたします。
その他、就労証明書裏面上部は該当する場合のみご記入ください。

①通勤時間・通勤方法

雇用主・事業主が把握している通勤時間をご記入ください。
把握していない場合は、就労者本人がご記入いただいても構いません。

②就労日数

労働契約上の就労日数をご記入ください。

③1週あたりの就労時間(休憩時間を除く

雇用契約上の1週あたりの就労時間をご記入ください。
シフト制等により1週あたりの就労時間が不規則の場合、標準的な1ヶ月の就労時間をご記入ください。
勤務パターンが複数ある場合は、特記事項に記載するかシフト表を添付してください。

④育児短時間勤務中

就労者が該当する場合、勤務時間をご記入ください。

⑤単身赴任

赴任期間のご記入をお願いいたします。
赴任期間の終了日は、決定していない場合は、未記入とご記入ください。

⑥育児休業の取得

就労者が該当する場合、期間をご記入ください。

⑦代表社印または社印について

雇用主(事業主)の印がないものは無効です。
印は、代表者印や社印(支店等勤務先の証明・印でも構いません)が必要です。
社印等が存在しない場合は、責任者の個人印でも結構です。

※特定の欄に記入できない事項がありましたら、特記事項への記載をお願いいたします。
※訂正部分には、雇用主(事業主)による訂正印が必要となります。