藤沢青少年会館、辻堂青少年会館、藤沢市少年の森、市内の各児童クラブなどの施設を拠点に青少年の健全な育成を目的とした事業を行なうとともに、市民による青少年を対象とした活動を支援しています。

児童クラブは基本的に小学校区ごとにあり、児童の成長を促すこととして次の活動を行っています。

  • 児童の安全と健康を守り、豊かな心を育てる
  • 適切な遊びと生活の場を与える
  • 生活習慣を身につけることにより、社会性・協調性を養う
  • 家庭との日常的な連絡、情報交換
  • 地域活動への参加など、地域の特性を生かした活動
  • その他、児童の健全な育成を助ける活動
入所要件

入所要件については、児童クラブ入所案内をご覧下さい。

開所時間
通常授業時(月曜から金曜) 12:30-19:00
短縮授業時 10:30-19:00
土曜日、夏・冬・春休み期間、学校行事等振替休日 8:00-19:00
  • 18:00から19:00は「延長利用申込」(別料金)でご利用いただけます。
  • クラブからの帰宅方法は、原則として迎えとなります.
休所日
  • 日曜日及び国民の祝日
  • 1月2日・3日、及び12月29日から31日まで
  • 災害等により小学校が休校となった日
  • その他理事長が必要と認める日
児童クラブの指導員体制

開所時間帯は、常時複数の指導員による運営を行います。また、延長利用時間については、基本的には、1人体制となります.

入所の取り消し

入所された方で、次に該当する場合は、入所を取り消します。

  • 入所料(月額)等を3ヶ月分滞納した場合。
  • 入所申込書記載事項の内容に虚偽の記載があった場合。
  • 保護者から「退所届」が提出された場合。
  • 保護者が育休を開始した場合。
  • 保護者が退職し、または、休職中で2ヶ月以内に就労証明書等が提出されない場合。
  • その他理事長が必要と認める場合。

平成27年度からの児童クラブの対応

平成27年4月から地域の様々な子育て支援の充実などを目的とした「子ども・子育て支援新制度」(以下、「新制度」)がスタートしました。

※「子ども・子育て支援新制度」についてはこちら

この新制度では、保育園・幼稚園に関する制度の変更のほか、子ども・子育て支援の充実を図ることとされており、放課後児童クラブもその一つとして位置付けられ、藤沢市においては、省令に基づき、「藤沢市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例」が制定されました。当財団が運営する児童クラブにおきましても、条例で定める基準に沿って運営を行っていきます。平成27年度以降の児童クラブにおける主な変更点等についてお知らせいたします。

【条例の主な内容】 主な基準はこちら

【児童クラブにおける変更点等について】 変更点はこちら

※藤沢市が実施した需要調査の結果では、児童クラブのニーズは高く、さらに、児童福祉法の改正により、対象児童が6年生まで拡大されたことから、児童クラブにおいては今後待機児童が増えることが見込まれます。そうした状況において、より優先度の高い児童が入所できるよう藤沢市の入所判定基準により優先度を判定し、入所について決定していくこととなりました。

【入所判定基準表】 基準表はこちら