0001 (2)

みなさまの温かいご声援ありがとうございました。

リオパラリンピック結果

・6位入賞 石井雅史選手 男子1000mタイムトライアル(運動機能障害C4、5)

・8位    男子個人追い抜き(運動機能障害C4)

・8位    チームスプリント(運動機能障害)

・11位 男子個人ロードタイムトライアル(運動機能障害C4)

・途中棄権 男子個人ロードレース(運動機能障害C4、5)

名前

石井 雅史

誕生日

昭和47年12月23日

出身地

神奈川県藤沢市出身

経歴

本財団(スポーツ事業課)所属の石井雅史選手がリオ2016パラリンピック自転車競技に出場することが決定しました。
石井選手の経歴は1972年12月23日生まれ、現在43歳で現在藤沢市在住。藤嶺学園藤沢高等学校を経て、日本競輪学校を中心にA級選手として活躍。2001年7月16日ロードワーク中の事故により、頭蓋骨骨折などで意識不明の重体に陥る。
約1ヶ月後に意識は回復するが、脳外傷の後遺症により言語障害や記憶障害が生じてしまい、また左足も不自由な状態となる。しかし、ご家族や仲間の献身的な支えにより、再び自転車に乗れるようになるまで回復。その後、パラサイクリングに取り組み、数々の困難を乗り越え2006年、2007年の世界選手権では世界新記録を樹立。その後の2008年北京パラリンピックでは金・銀・銅すべてのメダルを活躍する快挙をみせる。
その後、ロンドンパラリンピック出場、今回「リオ2016パラリンピック」日本代表選手として、自身3回目のパラリンピックに挑む。

平成 5年4月 日本競輪学校72回生卒業
     8月 競輪選手としてデビュー
平成13年7月 ロード練習中に事故に遭う
平成16年4月 競輪選手としての登録を抹消・引退
平成18年9月 国際パラリンピック委員会(IPC)自転車世界選手権に日本代表として初出場 銀2銅1のメダルを獲得
平成19年8月 フランス・ボルドーでの国際自転車競技連合(UCI)パラサイクリング世界選手権において金2銀1のメダルを獲得
平成20年9月 北京パラリンピックにおいて金1銀1銅1のメダルを獲得

0006