歌劇「椿姫」藤原歌劇団招聘公演~藤沢市民オペラ2018-2020シーズン 芸術監督 園田隆一郎~

藤沢市民オペラ2018-2020シーズン 芸術監督 園田隆一郎
藤原歌劇団招聘公演 歌劇G.ヴェルディ「椿姫」

あらすじ

舞台は19世紀半ば、華やかなパリの社交界。高級娼婦ヴィオレッタのサロンでは宴が開かれている。そこに、ヴィオレッタに恋をする青年アルフレードが訪れ、愛の告白をする。ヴィオレッタは戸惑いながらも、享楽や金銭とは無縁の純愛の心が芽生え、やがて二人はパリ郊外で慎ましくも幸せに暮らしていた。
しかし、アルフレードの父ジェルモンが訪れ、二人の関係を終えるよう迫る。抵抗空しく、ヴィオレッタは涙をのんで身を引くが、これを裏切りと捉えたアルフレードは激怒しヴィオレッタを罵倒する。
全ての誤解が解けた時は既に遅く、ヴィオレッタは重い病に侵され、愛するアルフレードの腕に抱かれ息絶える。

日時

2018年10月14日(日)
14時開演 (13時30分開場)

会場

藤沢市民会館 大ホール

出演者

指揮:園田隆一郎

2006年、シエナのキジアーナ夏季音楽週間『トスカ』を指揮してデビュー。翌年、藤原歌劇団『ラ・ボエーム』を指揮して日本デビューを果たす。同年夏にはペーザロのロッシーニ・オペラ・フェスティヴァル『ランスへの旅』の他、フィレンツェのトスカーナ管弦楽団との演奏会、カターニアのベッリーニ大劇場管弦楽団の演奏会を指揮した。その後国内外のオペラへの出演、オーケストラとの共演を重ね、オペラと交響曲の両分野で今後の活躍が期待されている指揮者の一人である。
東京藝術大学音楽学部指揮科、同大学大学院を修了。遠藤雅古、佐藤功太郎、ロックハート、ジェルメッティ、ゼッダ各氏に師事。2005年第16回五島記念文化賞オペラ新人賞。2017年度第16回斎藤秀雄メモリアル基金賞受賞。藤沢市民オペラ芸術監督。
演出:岩田達宗
ヴィオレッタ 中村 恵理
アルフレード 笛田 博昭
ジェルモン 須藤 慎吾
フローラ 向野 由美子
ガストン子爵 井出 司
ドビニー侯爵 三浦 克次
ドゥフォール男爵 久保田 真澄
医師グランヴィル 東原 貞彦
アンニーナ 牧野 真由美
管弦楽 テアトロ・ジーリオ・ショウワ・オーケストラ
合唱 藤原歌劇団合唱部

チケット料金

【S席】8,500円
【A席】6,500円
【B席】4,500円 (全席指定・税込)
座席表

チケット取扱い ※発売日は6月2日(土)午前9時から
①藤沢市民会館 0466-23-2415 (受付時間 9:00-17:00)
※発売日当日の電話予約は、11時から
②湘南台文化センター市民シアター 0466-45-1550 (受付時間 9:00-17:00)
※発売日当日の電話予約は、11時から
チケットぴあ(Pコード:118-163) 0570-02-9999
ローソンチケット(Lコード:34863) 0570-000-407
イープラス
カンフェティ

※未就学児のご入場はご遠慮ください。
※やむを得ない事情により出演者が変更になる場合がございます。
※前売券完売の場合は当日券の発売はございません。
※場内での写真撮影、録音、録画、及び携帯電話のご使用は固くお断りいたします。
※開演致しますと、ご入場頂けない場合がございますのでお時間には余裕を持ってご来場ください。

藤沢市民オペラ制作委員会ごあいさつ

「藤沢市民オペラ」は2015年より3年間を1シーズンとして、1年目を招聘オペラ公演、2年目を演奏会形式公演、3年目を市民オペラ公演、というシーズン制を取り入れました。そして藤沢市民オペラ芸術監督に、イタリアで研鑽を積み、現在日本各地のオーケストラを指揮する、園田隆一郎氏をお迎えしました。これまでに上演した公演は「藤沢市民オペラ」の新たな歴史となり、各方面より高い評価を頂きました。
そして、いよいよ2018年より園田隆一郎芸術監督による2シーズン目がスタートします。1年目にあたる本公演は、日本のオペラ界を牽引している藤原歌劇団を招聘し、独創的で卓越したアイディアから高次元の舞台作りが常に話題となる演出家岩田達宗による、ヴェルディ作曲「椿姫」を上演します。キャスティングはヨーロッパの主要歌劇場を席巻する中村恵理、圧倒的な存在感で注目される笛田博昭、細やかな舞台表現に定評ある須藤慎吾など、国内有数の最高のキャストとなっております。
これからも、引き続き「藤沢市民オペラ」にご期待下さい!

主催・お問い合わせ

公益財団法人藤沢市みらい創造財団 芸術文化事業課

共催

藤沢市・藤沢市教育委員会

協力

藤沢市民会館サービスセンター株式会社