藤沢市民オペラを楽しむために ~ ロッシーニ・オペラ解説 時代を越えるロッシーニの魅力

藤沢市民オペラ2018-2020シーズン、2019年12月1日(日)に藤沢市民会館大ホールにて14時開演のG.ロッシーニ「湖上の美人」(演奏会形式)を、よりお楽しみいただくためのトークショーイベントを企画致しました。
この「湖上の美人」という作品は、日本においての上演は極めて希少ということもあり、今回は藤沢市民オペラ芸術監督の園田隆一郎と、日本ロッシーニ協会会長の水谷彰良氏をお招きし対談形式でG.ロッシーニのオペラの魅力はもちろん、「湖上の美人」のあらすじや見どころ、聞きどころに迫ります。
たくさんのご応募お待ちしております。

日程

2019年3月24日(日) 16時00分~17時30分(開場 15:30)

講師

●藤沢市民オペラ 芸術監督 園田隆一郎●

2006年、シエナのキジアーナ夏季音楽週間『トスカ』を指揮してデビュー。翌年、藤原歌劇団『ラ・ボエーム』を指揮して日本デビューを果たす。同年夏にはペーザロのロッシーニ・オペラ・フェスティヴァル『ランスへの旅』の他、フィレンツェのトスカーナ管弦楽団との演奏会、カターニアのベッリーニ大劇場管弦楽団の演奏会を指揮した。その後国内外のオペラへの出演、オーケストラとの共演を重ね、オペラと交響曲の両分野で今後の活躍が期待されている指揮者の一人である。
東京藝術大学音楽学部指揮科、同大学大学院を修了。遠藤雅古、佐藤功太郎、ロックハート、ジェルメッティ、ゼッダ各氏に師事。2005年第16回五島記念文化賞オペラ新人賞。2017年度第16回齋藤秀雄メモリアル基金賞受賞。藤沢市民オペラ芸術監督。

●日本ロッシーニ協会会長 水谷彰良●

1957年東京生まれ。音楽・オペラ研究家。日本ロッシーニ協会会長、フェリス女学院大学オープンカレッジ講師。著書『プリマ・ドンナの歴史』(全2巻。東京書籍)、『ロッシーニと料理』(透土社)、『消えたオペラ譜』『サリエーリ モーツァルトに消された宮廷楽長』『イタリア・オペラ史』『新 イタリア・オペラ史』(共に音楽之友社)、『ロッシーニ《セビーリャの理髪師》』(水声社)、『サリエーリ 生涯と作品』(復刊ドットコム)のほか共著多数。『サリエーリ』で第27回マルコ・ポーロ賞を受賞。月刊誌『レコード芸術』(音楽之友社)、『モーストリー・クラシック』(産経新聞社)などに定期寄稿し、日本ロッシーニ協会紀要とホームページに多数の論文・論考を掲載。https://www.akira-rossiniana.org/

会場

藤沢市民会館 第2展示集会ホール (〒251-0026 藤沢市鵠沼東8-1)

※公共の交通機関をご利用ください。

料金

参加費無料・自由席

申込方法

電話またはFAXにて申込み。定員に達し次第締切とさせていただきます。【応募用紙】(PDF)
※電話・FAXなどでお申込みいただいた時点で申込みが完了するため、参加通知書などの発行はありませんのでご了承下さい。

〒251-0026 藤沢市鵠沼東8-1
公益財団法人藤沢市みらい創造財団 芸術文化事業課
応募締切…2019年 3月 21日(木)まで【先着順】

主催・お問い合わせ

公益財団法人藤沢市みらい創造財団 芸術文化事業課

後援

藤沢市・藤沢市教育委員会

協力

藤沢市民会館サービス・センター株式会社